忍者ブログ

短歌と写真 空閣

自称ケータイ写真家・空殻が贈る旅先の写真と創作短歌

[PR]

2020/07/14(Tue)03:42

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

死の曼珠沙華

2008/09/14(Sun)03:37

CA3A2904.jpg


「死の曼珠沙華」(しのまんじゅさか)
密厳に 裂く灼き地獄花 叶はぬ恋の 死の曼珠沙華
訓:みつごんに さくいちしろきじごくばな かなわぬこいの しのまんじゅさか

CA3A2931.jpg


以下は発色の設定を変えて撮ったもの。

CA3A2965.jpg

CA3A2952.jpg


用語解説

密厳に みつごんに
「密厳」は秘密荘厳(ひみつしょうごん)の略語で密教用語。大日如来の仏国土で生きとし生けるものが悉く生きたそのままの姿で成仏する世界。ただし、短歌では宗教的な意味を持たせていない。

裂く さく
曼珠沙華の咲き方が裂けているように見えることから「咲く」を「裂く=裂ける」と表現した。

灼ろき いちしろき
「真っ赤な」という意味の古語。

地獄花 じごくばな
曼珠沙華の別名。

叶はぬ恋の かなはぬこひの
Wikipediaによると韓国では彼岸花のことを「相思華」ともいうといい、 これは彼岸花が花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味であるという。想い合っているにもかかわらずまみえることがないことから「叶わぬ恋」と表した。

死の曼珠沙華 しのまんじゅさか
元来「法華経」に記載されている方の正しくは彼岸花でない「曼珠沙華」(サンスクリット語の音写として「まんじゅさか」)を今回の被写体であると仮定して、これに対して、「死の」とわざわざ修飾語を加えることで彼岸花の死のコノテーションを付加して詠み込むという試験的な詠み方をした。
PR

No.109|植物Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :