忍者ブログ

短歌と写真 空閣

自称ケータイ写真家・空殻が贈る旅先の写真と創作短歌

[PR]

2017/05/27(Sat)15:07

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

暖かき雪

2008/12/15(Mon)01:33

CA3A4973.jpg


「暖かき雪」(あたたかきゆき)
雪煙る 彼方の森に 目を遣れば 心に積もる 暖かき雪
訓:ゆきけむる かなたのもりに めをやれば こころにつもる あたたかきゆき
PR

つづきはこちら

No.219|山林Comment(0)Trackback(0)

薮神

2008/11/24(Mon)20:48

CA3A4808.jpg


「薮神」(やぶかみ)
綯らかに 和凪に擬ふ藪神の 一葉二葉に食む 竹の道
訓:なよらかに なぎになずらうやぶかみの ひとはふたはにはむ たけのみち
つづきはこちら

No.204|山林Comment(0)Trackback(0)

耳朶

2008/11/22(Sat)01:45




「耳朶」(みみたぶ)
古道を 漫ろに撫でる 木枯しの 冬の香りの 凍みる耳朶
訓:ふるみちを そぞろになでる こがらしの ふゆのかおりの しみるみみたぶ

No.203|山林Comment(0)Trackback(0)

紅葉颪

2008/11/17(Mon)08:32

CA3A4709.jpg


「紅葉颪」(もみぢおろし)
紅の 秋の嵐の 鎧塚 紅葉颪の 深き天蓋
訓:くれないの あきのあらしの よろいづか もみじおろしの ふかきてんがい

つづきはこちら

No.202|山林Comment(0)Trackback(0)

弁財天

2008/11/08(Sat)23:24

CA3A4531.jpg


「弁財天」(べんざいてん)
明らかな 樹々の姿に 秋も更け 弁財天の 河の詩聴く
訓:あきらかな きぎのすがたに あきもふけ べんざいてんの かわのうたきく

つづきはこちら

No.197|山林Comment(0)Trackback(0)

駁迦魅

2008/11/08(Sat)23:24

CA3A4492.jpg


「駁迦魅」(まだらがみ)
駁迦魅 三界覆ふ 秋風の 瑞快く 閏ふ沈かに
訓:まだらがみ さんがいおおう あきかぜの みずこころよく うるうしずかに

つづきはこちら

No.198|山林Comment(0)Trackback(0)

鎧ふ焔

2008/11/08(Sat)23:22

CA3A4583.jpg


「鎧ふ焔」(よろうほのお)
鮮らかに 彩り弾む 杣の秋 瀬音の燃へて 鎧ふ焔で
訓:あざらかに いろどりはずむ そまのあき せおとももえて よろうほのおで

つづきはこちら

No.196|山林Comment(0)Trackback(0)

凪に薄

2008/11/08(Sat)23:15

CA3A4572.jpg


「凪に薄」(なぎにすすき)
遠方の 旅人共の 足元に 凪に薄の 閑むさはりと
訓:をちかたの たびうどどもの あしもとに なぎにすすきの のどむさわりと

つづきはこちら

No.195|山林Comment(0)Trackback(0)

死にて生まれむ

2008/11/04(Tue)02:05

CA3A4405.jpg
 

「死にて生まれむ」(しにてうまれむ)
生まれ来て 生まれ生まれて 死に死にて 生まれて死にて 死にて生まれむ
訓:うまれきて うまれうまれて しにしにて うまれてしにて しにてうまれむ

つづきはこちら

No.182|山林Comment(0)Trackback(0)

中津山

2008/11/04(Tue)01:57

CA3A4379.jpg


「中津山」(なかつやま)
錦瀬に 色葉も香る 中津山 薄紅の 椛樹にぞ酔ふ
訓:にしきせに いろはもかおる なかつやま うすくれないの もみじぎにぞよう

つづきはこちら

No.181|山林Comment(0)Trackback(0)

むかし路

2008/09/27(Sat)02:31

CA3A0400.jpg


「むかし路」(むかしみち)
浅雲の 翳み味はふ むかし路 異に詠み返る 石垣の那
訓:あさくもの かすみあじわう むかしみち けによみがえる いしがきのくに

つづきはこちら

No.135|山林Comment(2)Trackback(0)

深き闇

2008/08/24(Sun)04:05

CA3A2446.jpg


「深き闇」(ふかきやみ)
恐れ水 潜む天鼠の 深き闇 翼を纏ふ 疑心の魔物
訓:おそれみず ひそむてんその ふかきやみ つばさをまとう ぎしんのまもの

つづきはこちら

No.78|山林Comment(0)Trackback(0)

龍宮の途

2008/08/24(Sun)03:26

CA3A2479small.jpg


「龍宮の途」(りうぐうのみち)
封印の 無数の紙垂に 縛られて 閉ずる風穴 龍宮の途
訓:ふういんの むすうのしでに しばられて とずるかざあな りゅうぐうのみち

つづきはこちら

No.76|山林Comment(0)Trackback(0)

太陽の雨

2008/08/20(Wed)01:46

CA3A0510.jpg


「太陽の雫」(たいやうのあめ)
鳥遊ぶ 樹々の天蓋 見上げれば 洩れて地に降る 太陽の雫
訓:とりあそぶ きぎのてんがい みあげれば もれてちにふる たいようのあめ

No.72|山林Comment(0)Trackback(0)

緑曼荼羅

2008/08/17(Sun)02:17

CA3A2433.jpg


「緑曼荼羅」(みどりまんだら)
吾を観る 木霊を聴きて 目を遣らば 緑曼荼羅 裾を拡ぐる
訓:われをみる こだまをききて めをやらば みどりまんだら すそをひろぐる

No.61|山林Comment(0)Trackback(0)

夏篝

2008/08/14(Thu)02:44

CA3A0598.jpg


「夏篝」(なつかがり)
闇緑 夕陽に疼く夏篝 鈴虫の声 螽斯の聲
訓:やみみどり ゆうひにうずくなつかがり すずむしのこえ きりぎりすのこえ

No.49|山林Comment(0)Trackback(0)

誰も知らない途

2008/08/11(Mon)02:12

CA3A2445.jpg


「誰も知らなゐ途」(たれもしらなゐみち)
夢出でて 空雲つなぐ黒水精 誰も知らなゐ 途を歩けば
訓:いめいでて そらくもつなぐくろすいしょう だれもしらない みちをあるけば

つづきはこちら

No.41|山林Comment(0)Trackback(0)

万象の詞

2008/08/07(Thu)03:12

CA3A0706.jpg




「万象の詞」(カミガミノコエ)
鬼翠 究むる姿の奇しく 意を傀る 万象の詞
訓:おにみどり きわむるさまのうつくしく こころをしばる かみがみのこえ

No.25|山林Comment(0)Trackback(0)

響む三界

2008/08/05(Tue)02:03

CA3A0933.jpg


「響む三界」(とよむさんがい)
奥宮に 秘り佇む大六天 響む三界 刺さる十字架
訓:おくみやに ひそりたたずむだいろくてん とよむさんがい ささるじうじか

つづきはこちら

No.16|山林Comment(0)Trackback(0)

荘厳の苔

2008/07/29(Tue)01:38

CA3A1119.jpg



「荘厳の苔」(しゃうごんのこけ)
深き彩 香る杜闇 焚く朝の 岩樹雨風 荘厳の苔 
訓:ふかきいろ かおるもりやみ たくあさの いわきあめかぜ しょうごんのこけ

用語解説はこちら

No.6|山林Comment(0)Trackback(0)

開かるる世界

2008/07/29(Tue)00:51




「開かるる世界」(ひろかるるせかい)
葉明かりに 渇へ秘かに開かるる 世界を目掛け 落つる煌迦魅
訓: はあかりに かつえひそかにひろかるる せかいをめがけ おつるきらかみ

用語解説はこちら

No.3|山林Comment(0)Trackback(0)

遠き人々

2008/07/29(Tue)00:16

CA3A1175.jpg


「遠き人々」(とほきひとびと)
雨に酔ひ 霞む荒魂 軍畑 凪がれて遊ぶ 遠き人々
訓:あめによい かすむあらたま いくさばた ながれてあそぶ とおきひとびと

用語解説はこちら

No.2|山林Comment(4)Trackback(0)