忍者ブログ

短歌と写真 空閣

自称ケータイ写真家・空殻が贈る旅先の写真と創作短歌

[PR]

2020/06/02(Tue)11:24

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

北風の息

2008/09/14(Sun)03:35




「北風の息」(きたかぜのいき)
浄玻璃の 鏡に映る 咎の華 白き焔魔の 北風の息
訓:じょうはりの かがみにうつる とがのはな しろきえんまの きたかぜのいき

CA3A2948.jpg

CA3A3043.jpg


用語解説

浄玻璃鏡 じょうはりのかがみ
地獄を守護する閻魔が亡者の裁判で亡者の善悪の見極めに使用する水晶製の鏡。この鏡には亡者の生前の一挙手一投足が映し出されるため、いかなる隠し事もできない。もしこれで嘘をついていることが判明した場合、閻魔に舌を抜かれてしまうという。また、これで映し出されるのは亡者自身の人生のみならず、その人生が他人にどんな影響を及ぼしたか、またその者のことを他人がどんな風に考えていたか、といったことまでがわかるともいう。一説によればこの鏡は亡者を罰するためではなく、亡者に自分の罪を見せることで反省を促すためのものともいわれている [Wikipediaからの引用]
PR

No.108|植物Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :