忍者ブログ

短歌と写真 空閣

自称ケータイ写真家・空殻が贈る旅先の写真と創作短歌

[PR]

2017/09/24(Sun)08:26

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

響む三界

2008/08/05(Tue)02:03

CA3A0933.jpg


「響む三界」(とよむさんがい)
奥宮に 秘り佇む大六天 響む三界 刺さる十字架
訓:おくみやに ひそりたたずむだいろくてん とよむさんがい ささるじうじか

CA3A0931.jpg

CA3A0932.jpg


用語解説

大六天 だいろくてん
第六天魔王(大自在天・他化自在天)のこと。もともとインドの破壊神シヴァのことだが仏教にも仏教の守護神として取り入れられた。迷いの世界である三界の最下位にあたる欲界六天の中で最も高いレベルの世界に住するとされる。短歌では十字架と第六天を同時に詠んでいるが、思想的な関連性は皆無。狭山公園を歩いていた際に木のウロに不気味に刺しこまれていた十字架と、その木の近くで同じく狭山公園の端にある神社の奥に祭られていた大六天社をモンタージュ式に詠んだ。

三界 さんがい
欲界・色界(しきかい)・無色界(むしきかい)の三種の世界で仏教でいう迷いの世界の総称。
PR

No.16|山林Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :