忍者ブログ

短歌と写真 空閣

自称ケータイ写真家・空殻が贈る旅先の写真と創作短歌

[PR]

2020/07/14(Tue)02:51

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

刻水の瀑

2008/08/17(Sun)01:30

CA3A2386.jpg


「刻水の瀑」(ときみずのたき)
寶根を 穿つ磐魚の 潜む瀧 命を嗤ふ 刻水の瀑
訓:たからねを うがついわなの ひそむたき いのちをわらう ときみずのたき
 
 
<用語解説>
寶根 たから・ね
物理的には貴金属、あるいは形而上学的な意味で言語を超越した美しくかけがえのないもの(宝)の根源。

刻水 とき・みず
時間の水であり水の時間。時と水をイコールとして表現した。
PR

No.57|河川Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :